不安との向き合い方②~小学校教師に向けたメンタルヘルス~

みなさん、こんばんは。

年度初めの初めての週末をいかがお過ごしでしょうか。

新しい仕事のことを考えて、憂鬱になっていないでしょうか。

私も少し憂鬱になっている一人であります。

それでも昨年に比べれば、だいぶマシになったと感じております。

嫁曰く、「去年は怯えていた。今年は少し燃えている。」

と私の姿が映っているようです。

 

ということでシリーズ

「不安との向き合い方」その②

でございます。

 

今日は、

「0か100で考えない。」「物事を多角的に見る」

をテーマに話を進めたいと思います。

 

そもそもなぜ人は不安になるのでしょうか。

失敗していけない、失敗なんて恥ずかしいと思う心から

不安になるのではないかと感じています。

案外、周りは気にしていないものですので、

大きな要因である自分自身の考え方や捉え方を

変えればよいのではないかと考えています。

 

そこで、意識したいのが

「0か100で考えず、多角的に見る」ということです。

物事は、とても曖昧で100点満点、完璧ということはとても少ないです。

学校のテストでは100点がありますが、

社会に出れば様々な物差しで物事を見ていくためです。

100点満点がない一方で、0点、完璧な失敗もありません。

 

と抽象的なことばかり伝えておりますので、少し具体例を挟みたいと思います。

例えば、学級経営がうまくいかずに学級崩壊をしたとします。

そんな時、一般的に見れば、0点であり、完璧な失敗ととらえがちかと思います。

でも、少し見方を変えれば、うまくいっているところもあったのではないかと

私は最近、思うようにしています。

 

・対応が難しかったA子さんだけはなんとかなった

・体育の授業だけは良かった。

・昨年よりか崩壊まで粘れた。

・運動会のソーラン節は良かった。

 

こんな感じでしょうか。

また、人生いい時と悪い時があるものです。

そして、自分だけが原因ではない時もあります。

 

・クラス編成に偏りがある。

・隣の先生と気が合わない。

・昨年度の担任の締め付けがすごかった。

 

等が挙げられるでしょうか。

 

私自身は、自分で言うのもなんですがとても真面目です。

 

仕事に対して、かなり出し切るタイプです。

そんな自分が試行錯誤しながら、失敗してしまったのなら、

それは、もうしょうがないと思うのです。

そこから学習して改善して、

自分自身を責めることなく

次回、頑張れば良いのではないかと思っています。

 

 

そんな風に考えると心がスッと楽になっている自分がいます。

書きながら、落ち着いている自分がPCの前にいます(笑)

 

世間的に、失敗を許さない風潮があります。

でも、人間です。失敗はあります。

落ちこみ過ぎず、ぼちぼちな前向きで頑張れたらなと思っています。

 

私の場合ですので、全員が当てはまる訳ではないとも思っています。

そんな風に考えると怠けてしまう人もいると思います。

当てはまる人だけ、活かせてもらえたらこれ幸いです。

 

ではでは、また会いましょう~

不安との向き合い方①~小学校教師に向けたメンタルヘルス~

みなさん、おはようございます。

 

新年度が始まり、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、本日のテーマは、不安との向き合い方です。

 

この時期は多くの人が不安になっているのではないでしょうか。

異動があったり、大卒の方は社会人1年目であったり、

なかなか心が休まらない日々だと思います。

仕事内容、職場の人間関係等、

働き始めて9年目になる私でさえ、今でも戸惑っているところです。

私も新しい担当が決まり、少々戸惑っているところです。

特に、今回は教職員歴の中で初めての内容です。

 

そんな中、私が心掛けていることをいくつか紹介したいと思います。

まとめますと以下の通りです。

 

・今、できることを考える

・不安の原因を取り除けるように要求する

・0か100で考えない

・心配するだけもったいない

・物事を多角的に見る。

・敢えて、誰も持ちたがらない、大変な仕事・部署を担当する

・心身の健康を保つ

 

では、一つずつ紹介します。

 

①今、できることを考える

将来や未来のことは誰にもわかりません。

「失敗しそう」「うまくいかなそう」と考える気持ちもわかります。

人間は本能的に不安を抱くようにできているようです。

不安な気持ちがないと生きる残ることができなかったためです。

人類の長い歴史を考えると自然災害や猛獣等、様々な危険を考える必要がありました。

なので、どうしても様々な危険を場合を考える必要がありました。

そのおかげで我々、人類は現在まで生き残ることができています。

一方で、危険を考える本能が人間に不安に抱かせるようなっています。

なので、うまく不安と付き合っていく必要が人間にはあると思います。

個人的な思考方法は以下の通りです。

 

①不安な気持ちになる

・「失敗したらどうしよう」「うまくいかなかったらどうしよう」

 

②不安になるのは当たり前、でもその状態のままでいるのはもったいないと考える。

・将来のことを考えても何も分からない

・不安になっていると心身の健康によくない

・早めに不安を解消する方が自分も周りも幸せになる

・人間、誰しも不安になる

・人間は本能的に不安になる

 

③今、できることを考える

・読書やネット等を通して、知識や技術、ネタを仕入れる。

・心身の健康を保つ→運動・睡眠・趣味

(心身の健康を保てれば、ベストなパフォーマンスが出せる。)

・引継ぎを通して、現在の様子を知る

・週案や指導案を考える。

 

という脳内思考です。

私自身、不安な気持ちになりやすいです。

昨年度も、周りが引き受けたがらない仕事を担当しました。

不安に押しつぶされそうで、どうにかなりそうでした。

今までの失敗の経験が頭をよぎり、心が潰されそうでした。

 

巷で流行りの「繊細さん」「HSP」かと思っています。

でも、その性格や考え方を嘆いても何も変わりません

自分なりに受け止め、変えていくしかありません

ということで、昨年度辺りから勉強し始めた心理学や脳科学

読書やYouTubeを通して、かなり心が楽になったと思っています。

まだまだの部分もたくさんありますが。

メンタル疾患になりやすい教職員のみなさんの助けになればこれ幸いです。

 

他にも紹介しようと思っていたのですが、長くなったので、次回にしたいと思います。

私もぼちぼちで生きていきているところです。

では、これにて失礼します。

80対20の法則を活用すれば、少し幸せになれるかも~小学校教諭こそ意識してみよう~

おはようございます。

教室の掃除もあらかた片付き、明日からの新年度に向けての準備が整ってきました。

職員室はまだ片付いておりませんので、4月1日のトップ会談の最中に行えたらよいなと考えているところです。

 

さて、今日は、80対20の法則をテーマに話したいと思います。

 

80対20の法則をご存知でしょうか。

別名、パレードの法則とも呼ばれています。

簡単に言うと、大まかに世の中は80対20で説明出来るというものです。

例えば

・世界の80%の富は、世界の20%の人口が持っている。

・働きアリは、2割がよく働き、8割は普通かさぼり気味。

・会社の収入の8割は、2割の顧客からもたらされる。

 

等々、世の中の大部分を80対20で説明するものです。由来はユダヤの法則とも言われており、「世界の80%の富は、世界の20%の人口が持っている。」の話のもとになった「世界の78%の富は、世界の22%の人口が持っている。」から来ていると言われています。

 

働きアリの部分でさらに詳しく話すと、

働きアリは2割がよく働き、6割が普通に働き、2割がさぼる

と言うことから、

20対60対20の法則とも言われています。

 

この法則を1年前に知り、様々な場面で活用したみた結果を書きます。

①人間関係

自分が関わる人々を

気が合う―2割 普通―6割 気が合わない―2割

と分けるようにしました。

今までは、誰とも仲良くしないといけない、八方美人傾向の強い自分がいました。

うまくいっている時は、良いのですが、

気が合わない人がいる時には、苦労をしていました。

そこで、活用したのが80対20の法則。

ちょっと見方を変えて

「どうせ合わない人がいるのだからしょうがない。」

と考えるようになりました。かなり楽になったと考えています。

完璧主義を治す部分にも繋がったと思っています。

 

②仕事

10割の完璧な仕事は難しいと考えるようになりました。

8割の完成を目指し、そこのに上司や同僚からのアドバイスを求めるようにしました。

その仕事内容によりけりですが。

また、クラスの中でもどうしても合わない子どもがいるときもあります。

できるだけ合わせ、話しかける等、努力はしますが、

なかなかうまくいかないのが子どもというもの。

一筋縄ではいきません。

そんな時に、今までなら(今でも時々ありますが)

「なんでうまくいかないのか。うまくしないと!」

と自分を責めがちでしたが、最近では

「2割は気が合わないからしょうがないよな」

と考えるようになりました。もちろん、関わりは続けますが、

少し心の逃げ道を作ることは私にとっては大切かなと思っています。

そんな話をすると、

「教員はそんなものでいいのか」

と言われそうですが、先生も人間です。

聖人君主ではありません。強い部分もあれば、弱い部分もあります。

そんな部分も含めて、子どもたちに伝えられたら良いかなと思っています。

 

明日から新年度、去年よりも気分が良いです。

良い傾向ですね。

ではでは~

熊本電力について②

みなさん、おはようございます。

昨日は、とても快晴で気持ち良い天気でございました。

適度に風も吹き、桜が舞う小春日和といいましょうか。

 

さて、噂の熊本電力ですが、落ち着いておりません。

請求は、クレジットカードで落としている(ポイントが少しでも付きますのでおすすめです。)のですが、そのクレジットカードを取り扱う決済代行会社ともうまく連絡が取れていないということで、指定の銀行の口座に4月2日までに振り込んでほしいとのことでした。振り込み料金がかかることが考えられるので、翌月の請求料金から、500円割引しますとも書かれていました。

 

取りあえず、電気は使っており、請求されているので支払いはせねばなりませんが、今後をどうするかですね。何度も続くようであれば、手間がかかるのでそれこそ電力会社の切り替えに移りそうです。しかし、電力会社に色々と問題があっても電気は止まらないということをこの件で学びました。電力の自由化の懸念として、大手(東京電力関西電力九州電力等)に比べ、何かあったときのフォローはどうなるのかという点が挙げられていました。

 

でも、今回の熊本電力のごたごたがあっても、電気は止まっていません。

 

電力会社の自由化の説明にも電気は止めないようになっているとややこしくではありますが書かれていたのを思い出しました。

 

ということで、今週中に支払いです。こんな時に、振込み無料のサービスがついているネット銀行は有利だよなーと思いつつ、楽天銀行の口座開設を密かに狙っているブログ主でした。嫁からは「怖いからだめ!」と言われて計画が頓挫しているところですw

 

ではでは~

書評「神・時間術」~時間を味方にして仕事を早く終わらせよう~

みなさん、おはようございます。

熟睡傾向が続いており、とてもいい気分が続いているブログ主です。

 

さて、本日もおすすめの本の紹介です。

今回、紹介する本は

f:id:happy-education:20210329060549j:plain

「神・時間術 脳のパフォーマンスを最大まで引き出す」

著者 樺沢紫苑

 

遂に出ました。今、有名になりつつある精神科医・樺沢先生の著書です。

他にも樺沢先生の本をかなり読み込んでおりますが、今回は時間術の本です。

 

本書を一言で説明すると、

24時間の中で仕事がはかどりやすい時間がある

と様々な研究データを参考に主張されています。

 

そんな中でも実際に読んでみて、生活の中で意識していることがあります。

 

①難しい作業は午前中に終わらせる。

②夕方には仕事をしない。

 

では、詳しく紹介したいと思います。

 

①難しい作業は午前中に終わらせる。

→本書の中では、起きてすぐ2時間ほどが脳のゴールデンタイムであると述べられています。起きてすぐの脳内では、物事や情報が整理されており、仕事がはかどりやすいそうです。仕事といっても文章を書く等、ここではビジネス系の仕事がはかどりやすいそうです。一方で、芸術系(絵を描く等)は、夕方から夜にかけてはかどったり、閃きがあったりするそうです。夕方は、脳内が疲れており、人間の理性が外れやすく今までにとらわれない考えが出てきやすいそうです。

 

さて、日常生活の中では、平日では、朝に授業の流れを考えています。これは、仕事を始めて9年間ほどずっと続けている習慣です。また、この内容を読んで通知表の文章を書く時には、土日の朝、学校に行って一気に終わらせるようにしました。慣れがあったり、持ち上がりの有無、何学期目か、何年生か等、様々な状況があるので、一概に朝やっているから早くなっているとは言えないかもしれませんが、実感としては、早く終わっているのかなと感じているところです。そこに加えて、プラシーボ効果も加わり、早く終わっているかもしれません。今後も続けたいです。

 

②夕方に仕事をしない

→夕方は、とにかく効率が落ちるそうです。朝から様々な情報が頭に入ってきていたり、いくつも選択をしたりすることを通して、脳が疲れてしまっているそうです。さらに、夕方に仕事のミスが増えやすい研究データも紹介されていました。改善策としては、軽く運動をしたり、場所を変えたりすると少し気分転換に繋がり、生産性が戻ってくるとも書かれていました。

 

この本を読んでから仕事をするなら、午前中に行う、夕方にわざわざ残って仕事をしないことを心がけています。次の日の朝にできるならそちらに持ち越しています。(もちろん、締め切りがあったり、緊急性があったりする場合は残ってします。)平日に残って指導案、運動会の表現の案、提案文書、通知表等を書くなら、土日や長期休業の朝に行うようにしています。トータルで見れば、作業時間が短くなっているのかなと考えています。

 

樺沢先生は最後に、この本で述べた内容を使って、さらに仕事をするのではなく、心と体の健康に気を付けて過ごしてほしいと書いていました。心温まる言葉にほっこりする本でもあります。ぜひ読まれてみてはどうでしょうか。

 

来年度も定時退勤を目標に頑張りたいと思います。

ではでは~

書評「科学的な適職」について~3つのことを意識して小学校教諭という仕事を楽しもう~

みなさん、おはようございます。

本日は春の嵐のなっっていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

さて、今日、紹介する本は、

f:id:happy-education:20210328095856j:plain

「科学的な適職 4021の研究データが導き出す 最高の職業の選び方」

著者 鈴木 祐さんの本です。

 

一言で言うと、科学的な研究データをもとに、仕事についてどう関われば幸せに働けるかが書かれています。

 

昨年、読んで自身の心に残り、現在まで意識していることを述べたいと思います。

①残業月45時間を超えない。

②適職をみるけるのは至難の業

③職場に気を許せる同僚などを1~3人ほど作る

 

では順番に伝えたいと思います

①月の残業時間を45時間以内にする。

→現在、最も意識していることです。45時間を超えると幸福度が下がるという研究データが書かれておりました。なかなか45時間を守ることはできないですが、自分も周りも早く帰れるように、自分なりに工夫をしています。

 

小学校教諭の仕事をしていますが、毎朝、自宅で1~30分ほど授業案や教材作り、本来ならある昼休憩の時間なし、少しの残業を含め、平日は平均1~2時間ほど仕事をしています。休日は、土日のどちらかに1週間の大まかな授業の流れを1~3時間ほど練ります。それに加えて、研究授業を行う時には指導案作り。学期末には通知表作成等があります。何もなければ月の残業時間は45~60時間でしょうか。もっと少なくしたいと考えているところです。この部分は、指導書を少しだけ見てそのまま授業の人等がいたりと、どうしても人によって差がありますが、私は案がないと落ち着かない&子どもに熱量を持って指導できないと思うので行っているところです。抜くことができないところですね。それでも初任者の時の残業時間100時間に比べれば、だいぶ少なくなったと思っています。

 

②適職を見つけるのは至難の業

→本の中では適職を見つけるのは難しいと書かれていました。職業選択をできるようになったのは、人類の歴史的に見てもほんの数百年。日本でも長く身分制度が残っていた経緯があり、最近になってやっと職業選択の自由が認められてきた経緯があります。そんな中で、自分自身の適職を見つけるのは難しいという内容でした。

 

小学校教諭の仕事をしながら、やはり良い面と悪い面があります。悪い面が世間に出回っており、どうしてもブラックなイメージ(実質、残業代がほんのわずかしか出ない、休憩時間もない等のブラックですが…。)がありますが、出来るだけ良い面に目を向けるといいのかなと考えています。

 

③職場に気を許せる同僚などを1~3人ほど作る

→ほんの1~3人ほど気の許せる同僚等を職場に作ると良いらしいです。本の中に使われていた研究データによると、3人までは幸福度があがるらしいです。どこまで仲良くなるか、そもそもビジネスライクでも良いという考えもありますが、作れるものなら作り、良好な人間関係を作っていた方が職場も楽しくなり、仕事も早く終わるのかなと考えています。

 

さて、3つの内容を紹介しました。

他にも、適職や仕事に関する内容がたくさん書かれております。

 

ぜひ読まれてみてはいかがでしょうか。

それでは良い休日を~

 

完璧主義を治す、和らげる方法

おはようございます。

昨日は、小学校の修了式でした。

1年間のまとめをしつつ、子どもたちともお別れを行いました。。

今年もなんとか乗りきったーということで、

夜は、自宅で家族と打ち上げ。

少し飲み過ぎましたが、気持ち良く過ごすことができました。

 

さて、本日は

完璧主義を治す方法

をテーマにあげたいと思います。

 

昨年、本を読み漁り、自分の認知の歪みであるとか、自分自身を苦しめる考え方に気付きました。特に感じたのが、「完璧主義」。別の言葉で「0、100思考」「白黒思考」とも言いますが。

 

自分がその考えにとらわれていることに気付き、完璧主義をなくしてみよう、少し柔らかくしてみようと思いました。

とりあえず、本やインターネットで調べると完璧主義に対して、反論してみると良いということ。

一方向だけでなく、多面的に物事を見ていき、完璧主義で自分が苦しめられそうになったら、心でその考えに反論してみることにしました。

 

まずは、反論をする根拠を探しました。

私は、スポーツが好きなので、プロスポーツ選手の様子から考えました。

レーニングで自分を追い込み、一つのスポーツを極めている人でも失敗することがあります。

例えば、プロ野球選手の読売巨人の菅野投手でもシーズンを通して大量失点したり、大きく見ると1年間、うまくいかない時もあったりするということ。

そんな素晴らしい才能があり、すごい努力をしている人でもミスすることがあるので、普通の社会人である私もミスすることがあると思えるようになりました。

 

根拠が明確になったので、ここからが具体的なステップです。

 

①完璧主義に襲われる

→準備が完璧にできていない

 指導がうまくいかない

 子どもとの関わりが少しイマイチ等を通して

 「なぜできていないのだ。」「もっとがんばれよ。」「情けないぞ。」

 と自分自身で心を傷付けられる。

 

②心の中で、

「菅野投手も大量失点することがあるのだから、そんなときもある」

と考え、自分を納得させる。

慣れない時や事が大きくてもやもやしている時は、

目を閉じて落ち着いて考えると心の整理がつきました。

 

③次はこうしてみようと前向きに考える。

 ミスがあって、その仕事全てが0点ではなく、

 できているところにも目を向け、自分を少し褒める。

(例えば、他の授業ではうまくいった。他の子どもとは、関係が良い等)

 次の仕事を行う。別の作業をする。

 等を通して、他のことに目を向けるようにする。

 

④繰り返す

 

いい時もあれば、悪い時もある。そんなことを意識しながら、仕事を続ける。この考えで、今は頑張っているところです。1年間やってみてだいぶ、心が楽になったかと思っています。最初は、心を落ち着けるのに大変でしたが。

 

メンタル、仕事、お金、プライベート、家族等、バランス良く関わりたいものですね。

ではでは~